カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) リスク管理 (130) マスコミ (129) 哲学 (125) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (95) 洗脳 (90) 歴史 (76) 経済 (67) Windows (65) 脆弱性 (63) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2014年7月8日火曜日

正しい情報がをつかむ

今回の話はメディア・リテラシー

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%...

さすがにスレの内容は猛者が多いせいか核心に近いことが語られている。

皆さんにこれをしなさいと言うつもりはありませんが、タマに私がすることをお話してみます。
お客さんに新聞の一部を提示します。
見せるのは東京新聞と読売新聞。同じ事件なり見た目は同じことを報道している内容を見せます。

勘のいい人はこれだけで結構驚きますね。
そこには確かに同じことが書かれているはずなのに、読んだ印象が全く違う内容であることがまるわかり。

なぜ、東京新聞と読売新聞かというと・・・・・対照的な新聞社で差が分かりやすいのです。

東京新聞に関しては地域紙のような扱いなので

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%96%B0%...

中日新聞東京本社が発行する日刊一般新聞(一般紙)。
関東地方もしくは東京都のブロック紙だが、
同じ中日新聞社が発行する中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の関東版と見なすこともでき、全国紙のような面もあわせ持つ。

と書かれています。俗にいう系列って奴ですね。

数日間でもいいと思いますので、機会があったら比較読みするとおもしろいです。
これってどっちがホント??ってのがたくさん出てきます。
こういう差のことを印象操作と呼びます。

更に付け加えると編集操作というのもあるんですよ。
分かりやすい具体例をあげます。
政治家の例を挙げてみましょうかね。

その政治家に国民の好意を向けさせたい場合
動画でニコニコしている瞬間の部分だけを意図的に抜き出して見せる。
真面目で信頼性を感じる瞬間の写真を掲載する。

その政治家の悪意を見せたいなら
気分を害した瞬間の動画だけを切り取る。
その瞬間を逃さず写真で撮って顔写真を載せる。

具体的な例を挙げると

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q...

私自身が小沢派であるわけではないですが、私の母がキライ!と申しておりましたw
理由は上に上げた理由のようで思わずプププでしたけどね。

私自体の現実の話をするとどっちなんだろう~と思って現在保留中の人物です。
この人を調べると悪意がある人たちと信者の人たちが両極端過ぎてある意味注目人物ではあるみたい。

更にネットの新聞記事を比較するとさらに紙面で出てこない内容とかも出てくるので驚くはず。

現実の話をしてみますと、
NHKですかねー。

比較対象は
NHKの地上波
NHKの衛星放送
NHKの日本向のネットのページ
NHKの海外向けのネットのページ

よーく比較してみるとこれまた驚異的な違いが発見できます。
正解は・・・・・・実はNHKの海外向けのネットのページに限りなく真実が乗っていたりして
ぇーーーと皆さん思うはず。
特に国の存亡に関わる原発事故とかでその差が顕著です。

これはどういうことを表しているんでしょうか?

同じく原発事故関連でいうと
東電の日本人向けの広報サイト
東電の海外向け広報サイト

マジ????って差に驚きます。

さーて、更にメディアを各国比較してみるともっと面白いことがわかります。
結果だけ申します。
検証は各自で行って下さい。

日本の真実を知りたい場合は海外のサイトを通すと日本の隠したい真実が見えて来ます。
アメリカの真実を知りたい場合は、アメリカと敵対するもしくはアメリカと利害関係が少ないサイトを見る。
もしくは、アメリカ国外の比較的中立な立場のメディアのサイトを見てみる。
これは上級者向けになるので、自信がついたらやってみると良いです。

要するに自分の悪口は言われたくないが他人の悪口は平気で言うのがメディアの本質かもしれません。
なのでそういう情報が真実に近いわけなのです。

ずるいよねーと思ってもこれは仕方ないでしょー皆さんのご自分のことを考えればわかるw
マスコミは更に金とか政治権力とか情報機関の操作のお手伝いもしてますので、その程度が余計ひどくなるわけ。

0 件のコメント: