カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (153) リスク管理 (135) マスコミ (129) 哲学 (126) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (99) 洗脳 (90) 歴史 (76) Windows (70) 経済 (67) 脆弱性 (67) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2014年7月13日日曜日

教育問題を楽しく語る

最初だけちょと堅苦しく行きますが、だんだん面白くなることだけ予告します。

まず簡単に歴史年表より分かりやすいと思われる比較表を以下に

http://www.asahi-net.or.jp/~ru2a-frym/compulsory_educatio_rules_history.htm

さて!なんでつまらない年表(ごめんなさい!引用サイトの人にペコリ)を紹介したかといいますと。
一見しただけでは余り問題にならなそうに見えるはずです。
では私流の説明を以下にいたします。

1890年教科書が無償になりました。
これは良いことかもしれません。
1941年には学校以外での教育を認めなくなりました。
これはどうでしょう。学校ってのは文部省(現在の文科省)管轄しか認めないってことです。
罰則が1948年に出来ました。
罰則の意味は・・・・文科省管轄で子供を教育しない保護者はと読み替えることも出来ます。

少しづつ国の関与が強めになっているのが見えてきませんか?

法律ってのは大抵こんな具合に関与が深くなる傾向にあります。
一部例外はあるのですが、これも後で触れたいですね。

明治政府が出来てから我が国は国を上げて国民の義務教育に励んで参りました。
これも一見良さそうですよね。

福沢諭吉が「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずといへり」と言ったとなっていますが・・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E5%95%8F%E3%81%AE%E3%81%99%E3%82%9D%E3%82%81

上のリンクの中に・・・アメリカ合衆国の独立宣言からの翻案であるとするのが最も有力な説であるとなってますが
これどういうこと?

アメリカから習ってきたんかい!
ま、これも良いことなら良し!としたいところですがこの先があるんですよ。

今回、それ以前の物まで話しだすと話しが長くなるのであえて
本日は明治維新後の近代日本の歴史を見てみますと

明治維新が1868

日清戦争

日露戦争

第一次世界大戦

満州事変

日中戦争

太平洋戦争 終戦 1945年
細かい経緯も見てみたい人はこちら(今回はスルーしてもかまいません)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E6%88%A6

さてとーー、算数をしてみます。
1945-1868=77
御明算(ごめいさん!)

ほう!
さてさてーー、この計算結果を見ますと77年間の間にそこそこ有名な戦争を何回しましたか?
はいーーそこのキミ!
「6回です」
そうなんですねー

さて、割り算です。
77÷6は?
生徒が電卓出しているのでー正解をいいましょうw
そういう先生も電卓つかってますけどー12.8でしたと。。。。

すごいねー約13年に一度戦争が起きているんですね。

と今回は少しくだけた先生役で登場してみました。

私は金八先生じゃないからね?

ちょっとビックリしませんか?
背後にあることを私流で説明いたします。

キーワードは富国強兵・義務教育・日本人の洗脳となります。

富国強兵・義務教育はわかりますか?多分若い世代は富国強兵がわからないでしょうね。
たまたま説明の手抜きをするために探したら
こりゃすごい図を見つけました。

めっちゃわかりやすい。
http://kids.gakken.co.jp/jiten/6/60016000.html
なんか最近の日本の風潮とやけに似ているんですが・・・そう感じるのは私だけ?
富国強兵の解説が秀逸ですね。最後シッカリ読んでくださいね。

さて今回の結論です。

国民の教育向上をめざして、義務教育が作られました。教育がただで受けられるようになって国民は海外に負けないくらいの学力を持ちました。
産業も発達して力を付けた結果、力を使いたくなるのが人間の本性ですから、戦争もおいしいよねーとなって戦争で領土を拡張し続けようとしたら海外列強にやられて敗戦となりましたとさ。

以上が教科書的な話しとなりますが

私流の教科書だとこうなります。

国民のためと言えば義務教育も文句言わないだろ。だって頭もよくなるんだぜ?
教育内容なんて俺たちがちょこっと内容を都合の良いように書き換えて
義務教育者(小学校・中学校)は俺たちの下僕だから、教科書以外の発言は禁じられているし言いたい放題、書きたい放題。この仕組を使って、国民を洗脳してやろうじゃないか。

義務教育で洗脳して俺は強い!!!国は強い!!!海外が悪い!!とすれば戦争が起こせる。
戦争すれば金も海外の土地も入ってくる。国民?そんなの死んだってかまわない。
俺たちトップは戦争に行かないしーー国民の金で戦争を起こして俺たちだけ金を・・・うふふ。

その敗戦の結果、残った国民は上のいうことには逆らわない、疑問にも思わない人が沢山生まれましたとさ。
めでたし、めでたし・・・・

疑問にも思わない人ってのが重要だぞ?試験に出すから覚えておくように!

今回の授業ですが、あえて海外の働きかけにはあえて触れていません。
これを日本の中だけで考える近代史と名づけます。国内問題だけに特化しました。
この話も別の機会にしたいですね。

さて・・・と
次は男女同権について考える。を予告しておきましょう。
これは単純なのでひっじょーーに簡単なので優秀な君たちならへいき!へいき!

からーんころーーん!では先生は酒を飲みに、ぇw
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村