カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) リスク管理 (130) マスコミ (129) 哲学 (125) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (95) 洗脳 (90) 歴史 (76) 経済 (67) Windows (65) 脆弱性 (63) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2014年8月16日土曜日

Windows Updateでトラブル




より転載

【レポート】

2014年8月の月例Windows Updateでトラブル続出? - Windowsが起動しなくなったときの対処方法

林利明  [2014/08/16]

米Microsoftおよび日本マイクロソフトは、毎月13日前後に月例のWindows更新プログラムを提供している。2014年8月もWindows Updateを通じて配布中だが、適用後のトラブルが続出のもよう。すでに色々なサイトで情報がまとめられているが、このトラブルに筆者も遭遇したので、現象と回避策を紹介しておく(2014年8月15日時点におけるWindows 8.1 Updateの場合)。
8月の月例Windows Updateの詳細は、別記事『【レポート】マイクロソフト、月例セキュリティ更新(8月) - IEとMedia Centerで2件の「緊急」脆弱性』を参照いただくとして、トラブルの原因となる更新プログラムは、以下の2つである場合がほとんどだ。
・Windows 8 / 8.1は「KB2982791」
・Windows 7は「KB2982791」と「KB2970228」
まずWindows 8.1 Updateの場合、上記の更新プログラムを適用すると再起動を求められ、この時点での再起動は無事に完了するケースが多い。しかし、次回の再起動(またはシャットダウン後の起動)に失敗する。Windows 7も同様だが、より深刻なブルーバックが発生する場合もあるようだ。
もちろん、更新プログラムを適用しても問題ない環境もあるので、目立った不具合がなければそのまま使い続けてかまわない。
更新プログラムをまだ適用していないなら、ひとまず上記の更新プログラムは適用しないほうが無難だ。近いうちに、マイクロソフトから何らかのアナウンスがあると思われる。Windows 8.1 Update環境における、Windows Updateの設定は下図を参照のこと。
コントロールパネルで「システムとセキュリティ」をクリック
「Windows Update」-「自動更新の有効化または無効化」をクリック
「重要な更新プログラム」のプルダウンメニューで、「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」以外を選んでOKボタンを押す
更新プログラムを手動で適用する場合は、「KB2982791」のチェックを外しておく(適用しない)。写真の例は、「KB2982791」以外の更新プログラムをすべて適用した状態。筆者の環境では「KB2982791」のみトラブルの原因となった

Windows 8.1 Updateが起動しなくなったときの対処例

もっとも、大半は「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」という設定だろうから、トラブルに直面している人も多いのではないだろうか。Windows 8.1 Update環境について、起動しない状態を直す操作の一例を挙げておく。
(図1)Windows 8.1が正常に起動しないと、「自動修復」画面が表示される。ここで「詳細オプション」をクリック
(図2)「オプションの選択」-「トラブルシューティング」をクリック
(図3)「トラブルシーティング」-「詳細オプション」をクリック
(図4)「詳細オプション」-「スタートアップ修復」をクリック
(図5)「スタートアップ修復」の画面で、管理者アカウントをクリック。写真の例では、このPCには管理者権限のアカウントが1つしか存在しない
(図6)パスワードを入力して「続行」をクリック
(図7)いったん再起動し、ディスクチェックが行われる。環境によっては長い時間を要する
(図8)「スタートアップ修復」-「復元」をクリック。個人データはそのまま、Windows 8.1の起動トラブルを解消するように、Windowsが自動で試みる
筆者の環境では、上記の操作でWindows 8.1 Updateが正常に起動するようになった。問題の更新プログラム「KB2982791」は、適用前に戻っている。
システムドライブに対して「システムの復元」を有効にしているなら、上記(図4)のところで「システムの復元」を実行してもよい。「スタートアップ修復」がうまくいかず、「システムの復元」も無効化している場合は、上記(図3)のところで「PCのリフレッシュ」か「PCを初期状態に戻す」を実行するしかないかもしれない。
本稿では未検証だが、Windowsをセーフモードで起動して「KB2982791」をアンインストールするか、特定のシステムファイルを削除または入れ替える方法もあるようだ(筆者のトラブル時はセーフモードでも起動しなかった)。なお、Windows 7の場合は、PCの電源を入れたあとにF8キーを連打して「詳細オプションの選択」を表示させ、このメニューから「コンピューターの修復」を呼び出せる。
今回のトラブルがどの程度のユーザー規模で発生しているかは分からないが、Windowsを自動更新して起動しなくなるのは致命的だ。米Microsoftと日本マイクロソフトには早急な対応を望みたい。
転載以上
Windows 7の場合
問題を起こすものは「KB2982791」と「KB2970228。
対処法はセーフモードから該当の更新プログラムをアンインストール

まだUpdateをしてない人は、該当プログラムだけはCHECKを外してUpdateが良い。
近いうちにMicrosoftから該当の修正プログラムが出ると思われる。
それまで様子見が良さそう。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

0 件のコメント: