カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) リスク管理 (133) マスコミ (129) 哲学 (126) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (98) 洗脳 (90) 歴史 (76) Windows (68) 経済 (67) 脆弱性 (66) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2014年8月28日木曜日

エボラ出血熱続報2

エボラ出血熱でWHO 感染者2万人超のおそれ
WHO=世界保健機関の会見

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140828/k10014165871000.html
より転載

西アフリカで感染者が増え続けているエボラ出血熱について、WHO=世界保健機関は会見を行い、今後、半年の間で、感染者は2万人を超えるおそれがあると警告し、国際社会にさらなる支援を呼びかけました。

WHOは28日、スイスのジュネーブで会見を開き、西アフリカで感染が拡大するエボラ出血熱について、感染、または感染の疑いがある人はこれまでに3069人に上り、そのうち1552人が死亡したと明らかにしました。
WHOは、実際の感染者の数は、現在、把握しているよりも数倍に上っているおそれがあると指摘し、今後半年の間で2万人を超える可能性があると警告しました。
WHOは、今回のエボラウイルスの致死率は50%を超えているとしています。
そして、感染の拡大が終息するには、半年から9か月ほどかかるとの見通しを示し、今後、医療施設の整備や感染者と接触した人の追跡などに合わせて4億9000万ドル(日本円で500億円)かかるとしています。
WHOは「感染が広がっている国だけでなく、周辺国でも対策を強化しなければならず、これまでよりはるかに大規模な支援が必要だ」として、国際社会に一層の支援を呼びかけました。

転載以上

 厚生労働省
エボラ出血熱に関するQ&A
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/ebola_qa.html

海外渡航予定者向けのページ
http://www.forth.go.jp/

外務省
http://www.anzen.mofa.go.jp/

ギニア、リベリア、シエラレオネ及びナイジェリアにおけるエボラ出血熱の発生状況(その9)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2014C297

致死率50%超えのエボラ出血熱の感染拡大を図でまとめるとこうなる


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

0 件のコメント: