カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) リスク管理 (133) マスコミ (129) 哲学 (126) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (98) 洗脳 (90) 歴史 (76) Windows (68) 経済 (67) 脆弱性 (66) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2015年2月4日水曜日

ネットの自動翻訳でウイルス感染

ネットの自動翻訳でウイルス感染 一部のアラビア語サイト

より転載

 インターネットの検索サイトが提供する自動翻訳機能で、一部のアラビア語サイトを日本語に翻訳するとコンピューターウイルスに感染することが3日、解析した情報セキュリティー会社への取材で分かった。
 「イスラム国」に関するニュースを載せたサイトで確認されており、専門家は「不審なサイトを自動翻訳しないように」と呼び掛けている。
 解析したのは「サイバーディフェンス研究所」(東京)。昨年11月以降、3件の感染を確認しており、新手のサイバー攻撃とみられる。
 自動翻訳は、対象サイトのアドレスを、翻訳機能を持ったページに入力すれば、文字部分が希望の言語で表示される仕組み。

転載以上

どのような仕組みなのやら全くわかりませんが、注意が必要です。
このタイプはウィルスチェックProgramも反応しないってことですのでダウンローダー型の可能性もあり?

アラビア語で出来るなら他の言語でも可能なはずでそうなったら翻訳機能自体を利用出来ないじゃないか^^;

俺も日本のメディアを信用してないので、主な情報源は海外のサイト。
さすがにアラビア語圏は行かないけれど英語圏のサイトはよく見に行くので、こりゃ注意しないとだね。

そもそも翻訳をさせること自体、世間一般にはあまり使われてないようだが、ネットでアチコチ検索する人は要注意です。ってこれ・・・・・・アラビア圏のサイトで検索すんな!2chユーザーが”こっち見んな!”と同じってこと?

リアル世界も騒々しいが、ネットも騒々しいみたいですよーー。

0 件のコメント: