カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (153) リスク管理 (135) マスコミ (129) 哲学 (126) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (99) 洗脳 (90) 歴史 (76) Windows (70) 経済 (67) 脆弱性 (67) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2015年11月21日土曜日

ミスリーディング2

さて前回のミスリーディング1に関しての意見を以下に。
これでも文章を短くしたつもり。

ということで、今回は責任者の追求を行ってみた。

そのなかで耳の痛い話でプッツン!!する人もいるかもしれない。
最初に言っておかなければイケナイのだが、俺もその仲間だった時期があるのだ。
その反省のもと、このBlogがある。
どうか怒らないで最後まで読んでいただけたら嬉しい。

この番組を紹介するにあたり、タイトルをミスリーディングとしたのには理由がある。
ミスリーディングの意味をご存じない人のためにちょいと解説をさせていただく。

本当の原因を一般人に悟られないように隠し、限られた判断基準だけを提示して、判断ミスするように特定の人たちを誘導すること

これがミスリーディングの意味

さてと・・・・


この番組の中で語られていることを簡略化して説明すると

1.日本政府に金がない
2.福祉や年金に支払う財源がない
3.国民が協力しあうしか方策がなさそう
4.金持ちには相応の負担をしてもらい、経済的に大変な人たちを補助する形態にしていかないと日本が立ちいかなくなる
5.年金も福祉も一般の人は少しガマンをしてもらおう
6世代間格差・貧困格差の問題

結論としては相互扶助

これらの話を聞いてナットクした人がどのくらいいるのだろうか?
この放送がミスリーディングの一例である。

相互扶助という言葉は優しく感じるし正しい相互扶助が行われるなら異論は無い。

以下の点で非常に問題を感じる

貧困格差の話に関してはあまり異論はないが世代間格差を演出するのが間違い

そもそもこういう財政状況になった原因はどこにあるのか?
その責任者はどこにいるのか?
その責任者は今、どうしているのか?
その責任者??はどのように責任を取っているのか?
現在の政府を支えて来た国民の責任は?

羅列するとこんな所にこの放送はメスを入れていないのが大問題
これが間違った結論なり間違った思考を手に入れてしまうタイミングなのだ

上の疑問に俺なりの視点でツッコミを入れてみた

そもそもこういう財政状況になった原因はどこにあるのか?

幾つかの原因が考えられる

大きな枠組で捉えると米国好戦派の言うなりで軍事費負担と自衛の名の下にほぼ言われるがままの軍事兵器を軍事企業から買っていた

利権を政治家・高級官僚・それと癒着した大企業が国民の税金を自分たちの都合の良いようなしくみを目指し着実に実現してきた

その責任者はどこにいるのか?
上に挙げたことで判るように好戦派のアメリカ・イスラエルなどの西側諸国の親分肌の諸国
同じく国内では日本国民の幸せより己のmoneyや力を重視する実力者
この結果、血税と言われる税金の無駄使いは確実に存在し続けている政治家・高級官僚・それと癒着した大企業

その責任者は今、どうしているのか?
言うまでもないだろう。良い生活しているでしょ?
しかもその子孫もそこそこの利権を財産として受け継いでそれが今も継続している

その責任者??はどのように責任を取っているのか?
責任った為政者・高級官僚・大企業って過去にどれだけいましたか??
アタナ!!そのリスト知っていたら挙げてください。


現在の政府を支えて来た国民の責任は
そう。ここも避けて通れない。
自分の住んでいるところに公共施設を作ってくれたり、道路を作ったり、利権をもたらす政策?
というより一部の利権者が特に美味しい政策を皆さん支持していませんでしたか?

「そんなこと、知らなかったぞ!」というアナタ!!そんなアナタ達が今の閉塞状況を作ったのです。

「俺だけじゃないもん!みんな忙しくて政治家のチェックなんてムリ!!」というアナタ!!
そんなあなた達がこの政治家を選出するお手伝いを結果としてしてきた現実があるのです。

そういう俺もある時、気が付いていて、でもやはり上のような逃げの手を打ってきた。

俺もその責任は感じておりますよ。
だからこのBlogを書き始めたわけさ。

この話は俺自体の話でもあり、みなさん自体の責任でもある。

誰かが、仕組みを変える努力をしてくれるだろう。

こんな発想は無責任で、そもそも民主主義は国民がそんな無責任体質なら腐敗していくのは自明の理である。

政治家の腐敗は国民の心の腐敗が原因となっているのか、それとも国民がそう仕込まれたのか、その2つともが原因なのか。

俺はそう考えている、

今回は実例としてNHKの番組を取り上げたが、それ以外の企業、政治家、高級官僚(高給官僚?)、マスコミ、裁判所、などなど挙げればきりがない。

そんな実例を過去のBlogで一部だけだが取り上げて来たつもりなのだが、何人気がついたのかは不明。

これが問題なのさ。
俺が言いたいのは以下のこと

庶民が変えていく努力を怠ったり、監視する目を怠ったりすると国は少しづつ、しかし確実に衰退の道を辿る。

自分の生活に汲々している国民の生活を見てみぬ振りをする企業、政治家、高級官僚(高給官僚?)、マスコミ、裁判所!!!

あなた達は誰のために給料をもらって働いているのか?「自分の家族繁栄の為です?」
はぁ・・・・・・

「国民の為です!」と胸をはって言える高給取りはどれだけいるのか?

それら責任者達もプライドをもって国民目線で仕事をして頂きたいのだ。

現在、感じている責任者の重い順から俺なりの目線で順位を付けてみた

元国権支配者とグローバル資本家とその仲間達(今回もこれは怖くて言及を自粛)

一般人をミスリードするマスコミ・政治家・moneyに支配されたグローバル企業

上記連中から「おこぼれ」をもらう官僚・企業群

高級官僚の言うことに反論出来ないようなおバカ政治家を選ぶ選挙民

書き出したらきりがないのでこの辺りでやめておく。


最近、本当に思うのだが、

テレビや新聞を読まないのも問題で
そのテレビや新聞を丸々信じてしまうのも問題で
自分で調べて見ようと思う人が少ないのも問題で。。。。。
思考の優先順位がmoney優先なのも問題で

ただね、逆説的に言うなら、一般庶民がそれらのことに気が付いて声をあげられれば・・・・
少なくとも悪化の程度を少なくさせるか、良い方向に変化させられるのではないか?

この話はみなさんの既存の価値観を全く否定することになるだろう。
それが反発を産むだろう。

これは判ったうえでの発言である。

こんなバカみたいなヤツが居てもいいだろ?
「皆さんが判断してもらう一助になれば」と憎まれ役をやってみた。

長文ついでに、以下のサイト

ツイートまとめ テーマ:フランス同時多発テロと鹿児島の地震関連「誤報」について



鹿児島の件に関しては未検証だが、他のものはほぼ同意出来る内容で、非常に良くまとめられているのでブックマークして暇のある時に見てもらえるとありがたい。

長文にお付き合い有難うございました。


0 件のコメント: