カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) リスク管理 (133) マスコミ (129) 哲学 (126) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (98) 洗脳 (90) 歴史 (76) Windows (68) 経済 (67) 脆弱性 (66) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2016年1月16日土曜日

遺伝子組み換えから考えるTPP

TPPが2月に批准の方向だそうです。

遺伝子組み換えとTPPと多国籍企業の関連性をこの動画の中から汲み取って貰えたらTPPの怖さが判るのでは?と思いご紹介致します。
TPPが批准されると”遺伝子組み換えでない”の表示も消されると思われます。
そもそも”遺伝子組み換えでない”の表示もイカサマに近いのですが、それは下で紹介するURLの場所に記述されれています。

TPPの本質は国や国民は二の次三の次。
国や国民より企業が優位になる条約なのです。

過去の経緯から考えても利益優先の企業が上に立つと儲けが最優先となる指向性があるため、企業の社会的責任などというものは形骸化します。

企業優位の条約だから”遺伝子組み換えでない”という表示も商品を売る邪魔になるのです。
遺伝子組み換えで利益を上げる企業には邪魔者となるわけです。


マジメな話題なのですが、この番組の製作者のユーモアもあり救われる番組かもしれません。
しかしよく見るとかなり深刻な状況であることが判るでしょう?


動画時間48:40
再生の注意点
日本語と英語の同時再生の動画なので日本語だけにするため専用の解説をこちらにUPしました。

遺伝子組み換え戦争 戦略作物巡る闘い 欧vs米


遺伝子組み換え戦争 戦略作物巡る闘い 欧vs米 投稿者 tvpickup


エラーで再生出来ない人は以下のurlに飛んでください。
http://dai.ly/x3gowqo

モンサント
ダウ・ケミカル

他にも聞いたことがあるだろう多国籍企業がこの動画の中で出てきます。

除草剤 24dも日本で売られていることを調べて始めて知りました。

以下のリンクでご覧あれ。

24d


上の動画では遺伝子組み換えに関しての生物学的安全性にはさらっと触れる程度になっています。

まずは安全保障の面からだけお話しましょう。
最初にお断りしておきますが、俺は農業関係に利権は一切関わりのないヤツです。

以前にも話をした記憶があるのですが、俺が学生時代読んだ本の中で食料が戦略物資と捉えていたことを読みました。

これは完全に経済分野を扱った本であり、陰謀論とはまったく毛色の違った本でした。
読んだ時、俺も「まさかーー」とまゆつばで読んでいた記憶があります。

その話がこの動画でも語られていましたよね。

軍事・石油・食料・水

これらが国家戦略として経済戦略として考えるべき重要な話なのです。

TPPが批准されると上の4つのうち、少なくとも多国籍企業に乗っ取られるだろう項目が食料と水となります。

次に大きな問題は遺伝子組み換え種子は1世代限りで次に作物を作りたい場合、種を再度買う必要が出てくることです。
一度遺伝子組み換えの種を買うと一生飲み続ける必要のある薬と同様に毎年、種の会社から買い続ける必要があります。
その遺伝子組み換え種子の優位点(虫の害に強い、雑草を刈り取る必要なしなど)を活かすために除草剤をセットで同じ種子会社から買い続ける必要があります。

上手い商売だとおもいませんか?
農家は種子会社と一生のお付き合いとなるわけです。

その作物なしでは一般人の食事もままならなくなるのです。

飯抜きで水抜きで人間が生きられるはずもなく。。。。。
輸入依存の食物、国内生産の食物も遺伝子組換えの産物だらけになる。

さらにさらに、自然は強いですよね。
除草剤に耐性をもった雑草の登場。
それを駆除するために別の薬剤の登場と。。。。

いかに馬鹿げたことかはおわかりになると思います。

これは人の薬でも同じような話しを聞いたことがあるでしょ?

ウィルスを殺すために薬が開発されて駆逐したと思っていたら、なんとその薬に耐性を持つウィルスが出てくる。

要するにイタチごっこになることは既に我々は経験済み。
それを忘れているのかとぼけているのか不明ですが、まだおバカなことを続けている



遺伝子組み換えがなぜ危ないと考えられるのかは以下のサイトがかなり詳しく解説してあります。

http://altertrade.jp/alternatives/gmo/gmoreasons

http://gmo.luna-organic.org/?page_id=18

農薬に関してですが、米作農家は出荷用(要するにみなさんが食べるお米)と農家の家族が食べる米は別の場所で作っています。

例えば風上の田んぼや水田の上流の取水口の近くに作っています。自分のところだけは安心して農薬が入っていないか少なめの安全な水で作りたいからです。

これはホントの話
動画でも農家が言っていましたが、やはりその道のプロなんでしょうね。
安全なものがどういうものか知っているのです。

では私達は安全でない可能性があるものを食べている?
でしょうね。

利益重視の物を作ると結局こうなるのです。
さーて、「困った」ということになるのですが、以前にお話したココで話したことが結論となります。

上のリンクに飛ばない人のために下に簡略化しておきます。

全てシビアに考えると買うものに困る。

でも!面倒だからと諦めている人と少しでもその知識をもって行動している人の差はいずれ出てくると思います。

あなたはどの程度配慮しますか?

それとも無視派?

あなたとあなたの家族の人生ですのでご自分で判断してください。

今回は遺伝子組み換えとTPPをメインでお話しました。


0 件のコメント: