カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) リスク管理 (133) マスコミ (129) 哲学 (126) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (98) 洗脳 (90) 歴史 (76) Windows (68) 経済 (67) 脆弱性 (66) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2014年12月3日水曜日

朝日新聞デジタル候補者の抽出

朝日新聞デジタルに投票行動の判断を得やすいサイトが作られたのでご紹介

立候補した人たちの中から政策・政治スタンスで抽出も出来る。

抽出を出来る項目が少ないが、それなりに使えますよ。

投票所に行ってから、おすすのす!・・・・・・・・・・
とかしないようにちゃんと準備をして選んで行けるんじゃない?

お目当ての候補者がいるようなら、改めて演説会やパンフに目を通してみましょう。

残念ながら思うような候補者がいない場合が困りもの。
しかし!以下のようにすればなんとかなるんじゃない?

政策・政治スタンスの項目が5項目ありますが、その中から選択しないの項目を一つづつ増やして、どうしても譲れない項目だけを残していけば、最善ではないけれど、まぁ我慢どころの候補者も選べます。

他の方法として、ご自分の該当する選挙ブロックまで移動してから、その選挙区の各立候補者の顔写真をクリックすることで政策・政治スタンスの意向が見られます。

ちょっとだけ比較してみました。

さすが?政治家答弁でなぜか「どちらとも言えない」「どちらかいうとほにゃらら」って中途半端な意見が多い。

「憲法を改正すべきだ」の意見に賛成ですか、反対ですか。に関しては納得するが他の項目に関して、政治家にしてはあまりにも適当だと思うし、これでは情けなくないか?
保身に走る政治家に見えるのは俺の考えすぎかな?

皆さんの選んだ候補者を口コミでこの立候補者ならまぁまぁかなーとか独り言を言う戦術もありかと思う。

是非、ご活用ください。

朝日新聞デジタル総選挙候補者

前回のBlogの政治の行方に関する考察(3)を見ていない人はそっちもよろしく。


各人、くれぐれも選挙違反に気をつけて行動してくださいねー。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 Subscribe in a reader

0 件のコメント: