カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) リスク管理 (133) マスコミ (129) 哲学 (126) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (98) 洗脳 (90) 歴史 (76) Windows (68) 経済 (67) 脆弱性 (66) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2015年3月17日火曜日

正しい医者の選び方

世間には医者を神様だと思っている人も存在するが俺はその逆で、限界があるだろうと考えている。特に俺はアタマがいいんだと考えている医者は信用出来ない。

これはどの業界にでも言えることだが、常に研鑽するような立ち位置で業務を続ける人が結局は素晴らしい技術と知恵を身につけるものだ。

医者にはそのヒマがない人が多いのではないだろか。

その時間をしっかりとる素晴らしい医者もいるのだが少数派だと思う。
そういう医者に巡り会いたいもんだね~。



俺流の正しい医者の判別法は以下のとおり。


  • 判らない時は、判らないとハッキリ宣言する医者。
  • その後、判らないことを判るために調べる医者。
  • 自分の実力と限界をハッキリ知っており、その限界を超えた患者に別の医者を紹介する医者。
  • 薬の出しすぎを自覚していかに減らすかを提案する医者。
  • 患者の正しい提案にも耳を傾ける医者。(これは患者あるいはその周りが勉強する必要あり)
  • 過去に学んできた事、それ自体に疑問を持つ医者。
  • 西洋医学以外の医学も尊重する医者。

0 件のコメント: