カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) リスク管理 (133) マスコミ (129) 哲学 (126) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (98) 洗脳 (90) 歴史 (76) Windows (68) 経済 (67) 脆弱性 (66) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2016年5月12日木曜日

WindowsUpdate 続報

Win10について

5/11にUpdateされたKB3156421で動きがもっさり・・・・・遅くない???

という症状が出たらしい。とういうかこちらのマシンでも確認しました。

新しくKB3156421の修正版が出ているので、症状が出た人は再度Updateすると幸せになれるかもです。

ついでにWin7について、あっと驚く出来事が。

Win7を起動してしばらく(といっても5-10分程度)放置しておいたのです。
このマシンは「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」
のオプションになっていたはず・・・・というかなってます。

その設定の状態でHDのアクセスランプを眺めていたら通常より長くアクセスランプが点滅を繰り返しているのです。

「ん!!!!!????」

ということでタスクマネージャーを起動>リソースモニターを起動してみました。
CPU・ディスク・ネットワーク共激しく消費されているのです。

「おやおや?昔のXPみたいな挙動。。。」と感じました。
面白半分に眺めていました。多分10数分程度。

その後リソースモニターが平穏になり。

もしや!もしかして!!と手動でWindowsUpdateを見に行ったら、ちゃっかり更新プログラムの確認とダウンロードまで出来ているし。。。。。


その後、すすすい!!!と更新が済んで、めでたく再起動ボタンが出て、完全にUpdate完了。
うーん。。。。

これはどういうこと?
俺らしい邪推でこんなことを想像してみた。

パソコンは女子なのか?無理やりなことをすると以下略・・・・・・・

「アップロードもアップデート無理強いも違法です!!」

たまにはこんな話題も良いでしょ?あはは

今度、この件に関しても再検証してみたい気分ですね。
たまたまなのか、時間の関係か他に理由があるのか知りたいと思います。


0 件のコメント: