カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) リスク管理 (130) マスコミ (129) 哲学 (125) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (95) 洗脳 (90) 歴史 (76) 経済 (67) Windows (65) 脆弱性 (63) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2016年6月15日水曜日

WindowsUpdate 06/15

試験PC

Win10  5台
Win8.1 1台
Win7   11台

Update個数は以下のとおり

Win10  6-9
Win8.1 12
Win7   10-15


試験環境ではかなりばらつきが存在しました。
今回はWin7で更新の確認にかかる時間にもばらつきが存在しました。
時間のかからないものは30分程度
時間のかかったものでは3-5時間(おぃおぃ・・・・)

この差ってなんですか?ってどこかのTV番組のような話になってしまいました。
今回、筆者の予想で用意したPCと結果が食い違い、その差がわかりません。


今までの経験上SSD(ソリッドステートドライブ)が確認も早く、通常のHDDは遅い傾向にあった状況でした。
しかし、今回はそうとは限らない状況になっております。

まとめになりますが、試験PC群ではトラブルは全く無し。
Win7では更新の確認に要する時間が多目。

他の仮説で待機しているPCの結果と他の場所でトラブルがあった場合は後ほど記述します。

0 件のコメント: