カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) リスク管理 (131) マスコミ (129) 哲学 (125) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (96) 洗脳 (90) 歴史 (76) 経済 (67) Windows (66) 脆弱性 (64) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2017年8月10日木曜日

WindowsUpdate 08/09

今回の試験マシン数

Win10 Creators Update 12
Win10 うまくUpdateできなかった 2
Win7  9

Update個数

Win10 Creators Update 2
Win10 Creators Updateに失敗 3
Win7  2-3

今回トラブルがあったマシン
元8.0だったものを8.1>Win10>Creators UpdateとUpdateしてきたもの。
Vaio Core7 HDDが以下のもの
確かに普通のHDDからすると早いのは確か。

久々にWin10のブルースクリーンを見た。
尚、このマシンは今までトラブったことが皆無だったのでかなり驚いた。

で、どのような症状かというと通常のシャットダウンは問題なく出来る。
再起動を選択するとブルースクリーンで停止するというもの。
その弊害としてブルースクリーンが発生すると次の起動が遅くなる。
更にその弊害としてディスクの論理エラーを作り出す。

ブルースクリーンの表示は以下のもの
system thread exception not handled
ネットで調べたがグラフィック関連が悪いとの記述を見つけたが今回のこちらの例には当てはまらない。

エラーを追っていったところ、HDDを高速動作するためのプログラムであるらしいことが判った。それがエラーを吐いていたのだ。

論理エラーをなおして
対象プログラムを一旦削除し再起動後、新しいものにしたら正常復帰した。
リンク先は以下の場所
ただ、これで問題なく稼働し続けるのかどうかは未知数。

その間、顧客のヘルプコールもあったりして比較的遅めの報告となりました。

尚、Win7での不具合は確認されず。

前回報告したCreators Updateに失敗した2台のマシンは今回の通常のUpdate後、更新を強制停止&バックアップをとって待機中

なのでこちらの報告は次回のUpdate以降に持ち越しです。



0 件のコメント: